普通のサラリーマンには不要!?不動産投資のまとめ

これまで私は建築設計をやってきたため、不動産投資に興味を持ち、

建築設計はビジネスとして成り立っていないので、

不動産投資でどうにか元を取りたい。

みたいなモチベーションで

色々調べてきました。



その中で不動産投資が必要なのは

①余分な土地を持っている人
②土地を相続した人
③高給取りの人

です。


節税効果や分散投資などのリスクヘッジがメインになります。

一般人にはあまり関係がない事と感じました。

分散投資という意味では一般人にも関係あるかもしれません。

そういう意味では、J-REITが良いそうです。


不動産投資を生業としている人は、

短期的に「5年保有して売る」みたいなことを繰り返すみたいです。

収支計算をして、5年で利益を出せる建物のみを買うそうです。



また、「不動産は不景気の時に仕入れ、景気がいい時に売る」のが基本らしく、

最近でいうと、リーマンショックの時に買って、オリンピック景気で売るのが

良いのでしょう。


そんなところです。一般人は、J-REITで手軽にですね。



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス

自分の単価を探るために、一級建築士の1人工単価を調べてみました。