投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

ライノセラス(Rhinoceros)のレンダリングソフト レンダラー 種類 違い おすすめ

Rhinocerosのレンダリングに関してですが、

色々なソフトがあるようです。

■Rhinoceros本体のレンダラ―

■Flamingo(フラミンゴ)―――静止画レンダラー、CPU使用

■Brazil for Rhino―――静止画レンダラー、CPU使用

■Hayabusa for Rhino―――リアルタイムレンダラー(DirectX対応)、GPU使用

■VSR Real Time Renderer―――リアルタイムレンダラー(OpenGL対応)、GPU使用

■Neon―――無料で使えるレンダラ―、リアルタイムレンダラー?、GPU使用?、
        Brazil for Rhinoと連携

■V-Ray for Rhino―――リアルタイムレンダラー(DirectX対応)、GPU使用、建築

■OctaneRender―――GPU使用、詳細不明、ネットワークレンダリング?、
                                無料版もあり、レンダリングが早いらしい

■Maxwell―――GPU使用

などが調べると出てきました。いっぱいありますね。

GPU利用の方がレンダリング早いみたいですね。

好みで使ってください。

私はブラジル持っているので、Neonに興味があります。

間違っていたら申し訳ございません。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

普通のサラリーマンには不要!?不動産投資のまとめ

これまで私は建築設計をやってきたため、不動産投資に興味を持ち、

建築設計はビジネスとして成り立っていないので、

不動産投資でどうにか元を取りたい。

みたいなモチベーションで

色々調べてきました。



その中で不動産投資が必要なのは

①余分な土地を持っている人
②土地を相続した人
③高給取りの人

です。


節税効果や分散投資などのリスクヘッジがメインになります。

一般人にはあまり関係がない事と感じました。

分散投資という意味では一般人にも関係あるかもしれません。

そういう意味では、J-REITが良いそうです。


不動産投資を生業としている人は、

短期的に「5年保有して売る」みたいなことを繰り返すみたいです。

収支計算をして、5年で利益を出せる建物のみを買うそうです。



また、「不動産は不景気の時に仕入れ、景気がいい時に売る」のが基本らしく、

最近でいうと、リーマンショックの時に買って、オリンピック景気で売るのが

良いのでしょう。


そんなところです。一般人は、J-REITで手軽にですね。



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

既存住宅の解体費用っていくらするの?

私のマイホームの建設予定地には既存木造住宅が建っています。

それをどうにかしないといけません。

解体費は絶対かかるものですが、仮住まいの費用は避けたいと思っています。

そのため既存住宅を避けて改築して、その間は既存住宅に住み、

新しい家が出来たら、そこに引っ越し、既存住宅を解体するという流れにしたいと

思っています。

この方法は、学校の改築などでも使われる手法で、学校だと、工事中の仮設校舎が数億円もかかってしまうため、それを避けるため、既存校舎を使用しながら、新しい校舎を建築します。

デメリットは、べスポジを既存住宅の取られていることと、この手法は敷地が広くないと使えないことです。


そして、解体費用ですが

木造住宅建築における既存住宅解体工事の費用は

35,000~50,000円/坪

です。

アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

家を建てる時、登記費用っていくらくらいするの?自分でできるの?

家を建てた時の登記費用ですが、

司法書士の方に下記金額を支払うようです。

表示登記                    2~3万円
保存登記             5万円
抵当権設定登記(ローンの場合)  5万円

合計 15万円程度。

自分で登記する手もあるみたいです。
私は自分でやってみたいと思っています。
書類を見ると、そんなに難しく感じませんでした。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

とにかく頑丈な家がほしい。どうすればいいか。

構造の強度の高い順から
①許容応力度計算(構造計算) ②耐震等級3(1.5倍) ③耐震等級2  (1.25倍) ④建築基準法(1.0倍)
となっています。
木造住宅は、建築基準法上では構造計算を求められませんので、 壁量等の判断になります。 ②③の倍率は、耐力か1.5倍なのではなく、壁量が1.5倍ということです。 壁がそれだけ多くあれば、安心だろ。といった感じです。 実際耐力も相当強くなっているとは思いますが。
構造の部分でどうしてもこだわりがある人は、許容応力度計算という構造計算を依頼してみたらいかがでしょうか。こちらですと、ちゃんと構造計算をすることになるので、安心できると思います。160, 000円くらいからでやってもらえるみたいです。
私は、耐震等級2または3でいいかなと思っています。建設予定地は、地震より津波が危ない所なので。いくら強くしてもダメかなと思います。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

南海トラフ地震で我が家は大丈夫?と思った時見るサイト

南海トラフ地震は本当に心配ですよね。

私も、まだ見ぬマイホームの事を心配して、肝を冷やしております。

そこで南海トラフ地震について有用な情報を入手しましたので報告させていただきます。

朝日新聞デジタルの「南海トラフ地震の被害想定」
 「県」「市町村」を入力すると想定される津波の高さなどが表示されます。

内閣府 防災情報のページ 南海トラフ地震対策
南海トラフ地震の色々な情報が載っています。

Yahoo!地図 南海トラフ地震 津波被害想定
Yahoo!地図上に南海トラフ地震の津波被害想定が出ています。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ