【僕はこうやって合格した】一級建築士試験独学製図対策

一級建築士試験の2次の製図試験について


私は製図試験を3回目で合格できました。

学科試験は古い予備校教科書を友人から譲ってもらい合格できました。

しかし、製図は手こずりました。

そんな中で私がいいと思う製図試験の勉強方法をお教えしたいと思います。


①図面を10枚描き、2時間半~3時間で図面を仕上げられるようになる。
 製図時間3時間半の間の15~30分はチェック時間なので、3時間以内でひと通り
 図面を仕上げられるようにしておきましょう。10枚くらい描くと難なく3時間は
 切れると思います。

②日建学院のWEB製図コースを受講する。
 130000円程度だったと記憶しています。図面3枚程度の添削をしてくれます。
 全くの独学だと大切な事を学び忘れてしまう恐れがあります。
 何度かは添削してもらった方が良いでしょう。

③市販の日建、総合資格のテキストを購入してやってみる。
 各校3課題くらいは入っています。これをやることで両校の問題の偏りをなくします。
 総合力が高まると思います。各校問題のつくりに偏りがありますし、
 1校だけの問題になれていると、違うタイプが出てくるとやりずらく感じます。
 そういう意味で、いろいろな問題にチャレンジするのはいい事だと思います。が、
 2校分やれば十分だと思います。時間的にもキツイですよね。

④時間があれば、古い本試験の課題のエスキスだけやってみる。
 管理スペース、利用者スペース、共用部など大きなスペースわけだけでもやっておくと
 ゾーニング勘を養うことが出来ます。

以上です。

がんばってください<(_ _)>


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス

自分の単価を探るために、一級建築士の1人工単価を調べてみました。