自分の単価を探るために、一級建築士の1人工単価を調べてみました。

自分の単価を探るために、

一級建築士の1人工単価を調べてみました。

国土交通省から設計者の単価が出ています。(平成28年)

http://www.mlit.go.jp/common/001172211.pdf

年々、単価が上昇しているみたいですね。

主任技術者の64300円はすごいですね。

一級建築士3年未満は技師Cらしいので30000円/人工みたいです。

本当にそれくらいもらえるとうれしいですが、

これはあくまで会社として請求できる額なので。

諸経費や社会保険などを含んだ額です。

気をつけなければいけません。

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス