隈研吾さんの設計した建物を巡る。根津美術館、浅草観光文化センター

隈研吾さんの設計した建物を巡る。根津美術館、浅草観光文化センター


まずは根津美術館です。

長いアプローチが特徴的です。

通常アプローチは短く設計されますが、

ここでは、あえて長く設計されているとのこと。

理由は、美術館に入る前に、落ち着いて気持ちをつくるため

というようなことを、本で読んだ気がします。(多分)






室内は、竹集成材の突板?のような素材がふんだんに使われていて、

板を薄くスッキリ見せるような工夫が目につきました。





続いて浅草観光文化センターです。

写真で見るより、中は意外と狭いです。

外観は、造形物としてきれいだなと思いました。




室内には、無料の展望テラスがあり、

「ここで写真撮るとべスポジだよ」というところがあり、

私も浅草のまちをパシャリしてきました。








アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ






このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス

自分の単価を探るために、一級建築士の1人工単価を調べてみました。