投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

日帰り房総横断のノープランの旅

イメージ
4月中旬、日帰りで房総横断してきました。
五井駅から大原駅まで
1700円で房総横断フリー切符を購入し、
小湊鉄道といすみ鉄道を利用し房総を横断します。
まずは、小湊鉄道。
可愛い電車です。
昔の電車のやさいい色遣い、フォルム勉強になります。

この鉄道の風景の見どころは、
上総鶴舞駅(関東の駅100選)と
里見から上総中野までの車窓でした。
菜の花と田んぼがきれいで、
「電車と菜の花」「電車と田んぼ」的な写真をとろうと
カメラを構えている人を車窓から良く目にしました。




上総中野到着。
ここで小湊鉄道は終わりです。
ここからはいすみ鉄道。
約1時間待ち。
電車の乗り継ぎで、
すでに上総牛久で1時間まってるので
これで2時間待っていることになりますが、
ノープラン旅なので問題ないです。
むしろ、普段忙しく過ごしていると
この時間が贅沢に感じました。


さあ、いすみ鉄道。
小湊鉄道に比べると
電車のスピードが控え目でした。
上総中野を出て次の西畑までは
絶好の撮影スポットが多いようでした。
撮影している人がいっぱいいました。

途中に、ムーミン谷の演出がチラホラ。
もう少し力入れてもいいのかなという感じ。
ちなみにいすみ鉄道からは、
特急車両があり、
大多喜駅までは普通運賃でも
のっていいということなので、特急席に乗車。
席はこんな感じ。
車窓の眺めるのに最適なボックス型。


途中の大多喜駅で下車。
私の親戚のおじさんが
月に一度は訪れていた大多喜城へ。
歩いている途中に絶景の撮影スポットを
発見したのでパシャり。
カメラ素人の私でもそこそこのモノがとれました。


大多喜城では、刀や鎧などが展示されていて、
昔のプロダクトデザインを鑑賞しました。
やっぱり日本の美的センスはすごいなと思いました。
素材が違うからかもしれませんが、
刀や鎧が凛としてる印象。

帰りのいすみ鉄道。

クラウドファンディングのプロジェクト終了。

クライドファンディングプラットホーム

campfireでのプロジェクトが終了しました。

結果は残念ながらサクセスできませんでした。

難しいですね。

プロジェクト進行中に

友人から助言がありました。

君のプロジェクトからは、楽しそうな感じがしない。

それに、サクセスしてどんな面白いことをするのか提案できていない。

と。

それを聞いて、活動報告で内容を追加したりしたのですが、

パトロンを増やすことができませんでした。

今回の教訓を次回に生かしたいと思います。

演出とメリットの提示。

勉強勉強。

アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

自分はスタイリング以外に何をデザインとして提供するのか?

自分はスタイリング以外に何をデザインとして提供するのか?


建築もプロダクトもきれいなスタイリングだけで、

「これステキでしょ?」っていうだけではもったいない。

せっかく、何カ月、何年もかけてつくっているんだから、

もっと他に付加価値を見いだせないか?

見た人、使った人に何かを気付かせ、価値観を変えられるような何か。


自分が今伝えたいメッセージは、


「丁寧な暮らし」(暮らしの手帖より)


正確に言うと「部分的丁寧な暮らし」

その思想を取り入れた「手間を楽しむデザイン」

これが私が提供したいと思っているデザインの付加価値です。

もっと「デザインの付加価値」については考える必要があると思います。

その都度、変える必要もあると思いますが。

ひとまず、現時点ではここまでです。





「部分的丁寧な暮らし」の概念:

現代の製品は、手間いらず、時短をうりにした商品が多く存在します。
それは、忙しい現代で必然的に生まれた要求です。
50年後には、家事ロボットが普及して、リニア開通していて、
かなりな時短で便利な世界になっていることでしょう。
しかし、そうした便利な商品のみを使い、コンビニエンスな生活をしていくと、
どこか心が満たされない、そんな気持ちに気付きます。

社会にデザインされた生活、面白味の無い生活、何のこだわりもない生活・・・・・


世の中にはものが溢れ、経済が縮小していくにつれ、
何かを買うことで満たされていた人間の心が、ものを買うことでなく、
経験・体験をすることで満たされていく世の中になっていくでしょう。

現代でもその流れはあります。
・コーヒーはインスタントでなく、ドリップコーヒーをのむ。
・干し野菜をつくる
・ぬか床をもつ
・アイロンをかける
・服を自分で仕立てる
・シャーペンでなく、鉛筆を削って使う。   など

何かにこだわり、手間をかけることで、人は幸せを感じるのではないでしょうか。
その手間が充実感を与えてくれるのではないでしょうか。

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

私は、Rhinoceros、Brazil for Rhino、GRASSHOPPER

を使用していますが、

パソコンが古いために動きが悪いし、

レンダリングにも時間がかかります。

思い切ってパソコンを買い替えようと考えています。

しかし、どういうスペックのものを買えばいいかわかりません。

そこで、ネット検索で調べてみると

有用な情報を入手できました。


参照サイト
http://www.lenovojp.com/thinkstation/closeup/017.html



性能表

CPU:3GHz以上

メモリ:8GB

グラフィックス:Quadro K2000(リアルタイムレンダリング)



これくらいの能力が必要そうです。

またなぜそういったスペックが必要なのか?

・CPUはレンダリング速度を上げるため。

・グラフィックスは、ストレスなく複雑な3Dをリアル表示(操作性、作業効率)を可能とするため。

・メモリは64ビットOSを動かすため。

のようです。


Rhinocerosに必要なスペックはわかりましたが、

ではどこで買えばいいのかわかりませんね。

パソコンに詳しい人は、自作してしまえばいいですが、

私のような素人にはちょっとハードルが高いです。


私の知っているクリエイティブ用のパソコンを売っているお店は

ドスパラくらいです。

たぶんドスパラで買うと思います。

ドスパラのサイトを見ていると、

ノートタイプだとまだ上記の性能を満たしているものは無いみたいです。



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ