スローな時代

スローライフやスローフードに代表される

スローなライフスタイルを好む風潮がある。

一般的には、まだファストですが、

着実にそういう考えが増えつつあります。

日本の高度成長期前の日本はスローな時代でした。

それは、スローな生活しかできなかったからですが、

今は「時間を十分に使う=豊か、贅沢」

という考えなのでしょうか。

高度成長で失ったモノが大きくて、

それを取り戻しつ、「丁度いい生活」

を模索しているって感じですかね。

そう考えると、「時間」というのが

デザインのキーワードになる気がします。

「時間を贅沢に使う商品」、

「豊かな時間を過ごしたと思う商品」

の需要が出てきそうです。

でも、豊かさの感覚は人それぞれなきもしますけどね。

人それぞれ違う感度を持つ事を前提としながらも、

ターゲットを絞り、

共通項を探し出して、

つくっていく事が必要なのでしょう。

私は何かをつくっている時が豊かな時間を過ごしたと思う時です。

つくるものは全部好きで、

モノのデザインもそうですが、

ソングをつくったり、

絵を描いたり、

料理をつくったりするのも好きです。

自分の感性を表現したいという欲求がすごくあるからだと思います。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス

肩から首、後頭部にかけてピーンと痛みがはしる