家具デザイン

家具は建築の一部という考えで、

新築住宅建設時に収納家具などはほとんど造り付けです。

大きい家具は地震対策の面からしても

造り付けの方がいいかもしれません。

デザイナーズの入る余地は、

椅子、テーブル、ベッドなど

限られたものとなっています。

そしてDIYが盛んになり、

簡単なものは自分で造るという流れもあります。

市販商品にカラーリングしたり、

脚をとり換えたり自分好みに

いろいろカスタマイズします。

そんな中で家具デザインの生きる道は、

見てくれだけでなく、

「新しい提案」や「職人的な納まり、工法」、

などが必要です。

そうでなければ、世間から必要とされなくなり、

価格競争に参加しなければいけません。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

自分の単価を探るために、一級建築士の1人工単価を調べてみました。

一級建築士の総数は?一級建築士は何人いるのか?