もうだまされない 身近な科学 50のウソ を読んで

ほんまでっかTVでもおなじみの武田先生の本です。

エコについて考えているときに

考えがこんがらがってしまい

「本当のエコって何だろう」と思い

買ってみました。

私の考えた結論は

「材料を有効に使う」

「ひとつ材料に依存しすぎない」

「消費を減らす」

です。

ビニール袋や割り箸はむしろ使った方がいいと。

ゴミの分別は、性能の良くない焼却炉を傷めないため

高性能焼却炉があればゴミはほぼ完全に焼却できる。

ゴミをを減らせば、二酸化炭素は減らせます。

でも地球温暖化と二酸化炭素は現在の科学では関係ないとのこと。

石油はあと8000年もつ。

石油は古代生物の死骸だとか。

リサイクル商品は新品より製造エネルギーを使う。

エコ発言には、政治が絡んでる。

木は二酸化炭素を吸うけれども、朽ちるとプラマイ0



かなりカルチャーショックなことがいっぱい書いてありました。

最初に読んだ時は、これは本当なの?って疑いました。


自動車に乗ってたら、エコは語れないんだなと思いました。


本当のエコロジ―な行為を実例で考えてみました。

●紙、プラスチックなどのリサイクル材料を使った製品・・・・×

●バナナなどの皮を使った紙・・・・○

●ポリエステル製品・・・・×

●綿製品・・・・○

●太陽光発電・・・・△(住宅の屋根は○)

●地熱利用・・・・×

●生分解性プラスチック・・・・×

●省エネ家電・・・・○


結局は、モノのリサイクルはできないと考えて、大切に使うということです。

動物同様、植物や資源にも命があると思って、余すことなく使い、感謝する。

エコっていうかモラルですね。


石油で味わったプレ的な燃料が無くなることから、

ひとつの材料に依存しちゃいけないってことを学んだ気がします。


地球にとってエコロジーなことをいつの間にか、

勘違いして、変なん方向にいろいろ

進んでいってしまった感じですね。



地球にやさしいことって何なんでしょう。

地球に変化を与えないこと?

地球を何十億年のずっと持続させること?



なにがいいことで、何が悪いことか

それは科学的にもわかってない。

よって対策も立てられないのが

現状ってことでしょうか。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス

自分の単価を探るために、一級建築士の1人工単価を調べてみました。