投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

デザイナーはなぜ椅子をデザインしたがるのか?

デザイナーはなぜ椅子をデザインしたがるのか?

・椅子はデザインの集合体だから

・椅子は非常に身近なプロダクトだから

・インテリアとして、存在感が大きいから

・椅子を好きなユーザーが多いから

・かっこいいデザインをしたというステータスがあるから

・評価がわかりやすく、必要な機能が少ない。そのためデザイン、スタイリングに集中しやすい。

上記の様なことが挙げられます。



以前椅子について、NOSIGNERというデザイナーさんが

「人はなぜ椅子が好きなのか?

人は馬に乗る生活をしていて、

現在は椅子が馬のかわりをしている」

という旨のこと言っており、

そこから、脚が動物の足のような

形状をした椅子をデザインされていました。



椅子のデザインは、新しいデザイン価値を試す、実験の場となってる様な気がします。

私が椅子に思う事は

・もっと自由に座れるとか、色んな座り方ができたらいいのに。

・椅子じゃない座るものを提案したら面白いんじゃないか。

・防災機能のある椅子、家具とかあったら売れるんじゃないか。

・椅子はそもそも今のかたちがベストな形状なのか。

などです。



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

ビジネスのわかるデザイナー

「社長こそデザイナーであるべきだ」なにかの本に書いてありました。
ジョブズはデザイナーだった的なことも一緒に書かれていました。


それを思うと、デザイナーもビジネスがわからないといけないと思います。

商品開発工程がバトンリレー方式からクロスファクション方式になってきている現在では、
デザイナーはスタイリングだけ考えているわけにはいかない。

アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

介護×デザイン 又は 介護×アイデア

私は大学卒業しすぐに、介護の経験をしました。
そう祖母の介護です。
当時、新卒で決まった就職先を半年でやめてしまい、
実家に帰った時のことです。

その前日にそう祖母は倒れてしまったようで、
70歳になる祖母がその面倒をみていました。
うちは母親が別居中でいなかったためです。
しかし、そう祖母は体重が70kgあったため、
祖母一人では介護しきれず、
祖母と私で介護することになりました。

トイレの世話や食事など色んな事をしました。
そう祖母は元気に動き回っていた人のため、
動けないことにストレスを感じ、
イライラしていたのを思い出します。


介護認定や福祉サービスの利用もしました。
お風呂には入れてあげることができなかったので、
訪問入浴サービスを利用していました。
また介護ベッドのレンタルもしていました。


そうした介護の期間が11カ月続きました。
とても良い経験だったと思います。
その経験があり、福祉住環境コーディネーター2級も取得しました。

この介護経験を建築デザインやプロダクトデザインに生かしたと思っています。
デザインする上で、その行為を体験することはとても大事な事だと思います。

身体的な知識は、ただの知識より強いと思います。

アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

自分の専門性

デザインに関わる仕事をしていますが、
そろそろ自分の専門性について考えないといけない。

学生時代からの漠然とした目標は
「アイデアとデザインで飯を食べていく」
ということです。
そろそろもっと的を絞っていかないといけないと思います。
色んな事に興味はあるのですが、

天才じゃないし、時間には限りがあるので。

アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

ブラジルのお守りをおしゃれにアレンジしたデザインボンフィン販売中

イメージ
弊社のデザインしたデザインボンフィンですが、

おかげさまで再入荷することとなりました。

私も普段から着用しております。

手元がパッと明るくなり、

夏はシンプルな服装にもピッタリあって、いい感じでした。

これからの季節は、室内で少し暑い時に腕をまくると

ちらっとボンフィンが見える感じがとてもおしゃれです。

人とは違うおしゃれアピールができますよ。

どうぞこの機会にお買いもとめ下さい。







デザインボンフィンの説明:

日本製のデザインボンフィンです。
ボンフィンとは、ミサンガの一種で、
ブラジルのボンフィン教会で売られているものが一般的です。

 サッカー選手などが手や足にまいているのを良く見かけます。
このデザインボンフィンは、ボンフィン教会のボンフィンをもとに、
現代風にアレンジした商品です。

 1本つけただけでも手元、足元をカラフルに演出してくれます。
薄い生地でつくり、6mm幅ですので、
メンズはもちろんレディースでもつけた時にごつく見えません。

 ボンフィンに印刷されている
「The only man who never makes mistakes is the man who never does anything.」は
「ミスをしない人間は、何もしない人間だけだ。」という意味で、
アメリカの第26代大統領セオドア・ルーズベルトの言葉です。


「失敗を恐れるな」という前向きなメッセージを込めています。

アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

室内テントへのあこがれ

イメージ
「広いLDKにテントを設置して、こもりたいときにテントにこもる」

こんなことしてみたいなとおもいます。

室内に置くから、テントもかっこいいものがいい。

いつかデザインしてみたいです。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

家具デザイン

家具は建築の一部という考えで、

新築住宅建設時に収納家具などはほとんど造り付けです。

大きい家具は地震対策の面からしても

造り付けの方がいいかもしれません。

デザイナーズの入る余地は、

椅子、テーブル、ベッドなど

限られたものとなっています。

そしてDIYが盛んになり、

簡単なものは自分で造るという流れもあります。

市販商品にカラーリングしたり、

脚をとり換えたり自分好みに

いろいろカスタマイズします。

そんな中で家具デザインの生きる道は、

見てくれだけでなく、

「新しい提案」や「職人的な納まり、工法」、

などが必要です。

そうでなければ、世間から必要とされなくなり、

価格競争に参加しなければいけません。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

当たり前品質

「当たり前品質」。

デザインしている人にとっては

結構難しい品質です。

デザインの云云の前に、

商品に絶対に必要とされる品質です。

品質といってもいろいろです。

メンテナンスフリーとか、

フィット感とか、

機能とか、

その商品ごとに様々だと思います。

新しくデザインしても、

当たり前品質を考慮すると、

他社先発品に近い形になってしまうのはよくある事です。

みんな同じ事を考えて作っているって事で、

ルイス・サリヴァンの「形態は機能に従う」って感じですね。

大切なのは「本当の当たり前品質」を注出して、

そこに「新しい提案」を盛り込まないといけません。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

真空管アンプ

音響系はあまり詳しくないのですが、

最近「真空管アンプ」に興味があります。

出会いは、深夜番組の「タモリ倶楽部」です。

その形状がとてもクールでした。

ネットで早速調べてみたら、

本格的なものはかなり高価で、

形だけっていうのは、

製品としてあまり良くないと書いてありました。

いつか手にしたいです。

昔でいうところの「いつかはクラウン」状態です。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

シンプル化する

世間は、色んなモノ、コトが溢れ、どんどん複雑になっています。

それとは反対にデザインはどんどんシンプル化しています。

これはどういうとこなんでしょう。

「複雑な世の中だからシンプルにまとめたい」

という欲求があるのでしょうか。

消費者は確かにシンプルなデザインを好みます。

I-phoneとかは、形態のデザインだけでなく、操作性もシンプルですよね。

アップル社自体が「簡単」をテーマにしているらしいです。

最近の自分の観察からの考えとして、

「シンプルでワンポイントの個性を出したい・カスタマイズしたい」

が求められてきている様な気がします。

シンプル一色の同じようなデザインが多く存在する中でも、

「個性」をだしたいという欲求が出てきたのでしょうか。

製品デザインする際に、

ユーザーがカスタマイズできる余白をつくっておくといいかもしれませんね。

愛着がわくし。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

スローな時代

スローライフやスローフードに代表される

スローなライフスタイルを好む風潮がある。

一般的には、まだファストですが、

着実にそういう考えが増えつつあります。

日本の高度成長期前の日本はスローな時代でした。

それは、スローな生活しかできなかったからですが、

今は「時間を十分に使う=豊か、贅沢」

という考えなのでしょうか。

高度成長で失ったモノが大きくて、

それを取り戻しつ、「丁度いい生活」

を模索しているって感じですかね。

そう考えると、「時間」というのが

デザインのキーワードになる気がします。

「時間を贅沢に使う商品」、

「豊かな時間を過ごしたと思う商品」

の需要が出てきそうです。

でも、豊かさの感覚は人それぞれなきもしますけどね。

人それぞれ違う感度を持つ事を前提としながらも、

ターゲットを絞り、

共通項を探し出して、

つくっていく事が必要なのでしょう。

私は何かをつくっている時が豊かな時間を過ごしたと思う時です。

つくるものは全部好きで、

モノのデザインもそうですが、

ソングをつくったり、

絵を描いたり、

料理をつくったりするのも好きです。

自分の感性を表現したいという欲求がすごくあるからだと思います。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

自分がやられたと思ったデザイン

・ダイソン社の掃除機
・コクヨ社のカドケシ
・ねんど社デザインのティッシュホルダー
・トライポット社のハンディーワーミー
・トライポット社のUDペン
・バスキアの絵
・日本の屋根の低い寄棟住宅
・チューペットでつくった照明
・ハーマンミラー社のアーロンチェア
・オランダのダッチデザイン(布を使ったタンス)
・BMW社のONE
・ワーゲン社のワーゲンバス
・エドワード鈴木の建築
などなど

上記の何にやられたのか?
・言葉だけでなく、機能が他の製品に比べ抜群に良い製品である事。
・新しい技術を駆使した製品である事。
・消費者に使う前から、使いやすそうだと思わせるデザインコンセプトである事。
・既製品の長所をさらに伸ばしている製品である事。
・今までだれもやった事に無い、斬新なデザインである事。
・今の生活を改善させる様な製品。今まで無かった様な製品である事。
・今までデザインが参入していなかった分野の製品である事。
・今は無いコリと時代を感じさせて味がある製品である事。
・逆に今ではつくれない製品である事。
・生活の中でよく目にする製品を利用したクラフト的な製品である事。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

心を動かすデザインの秘密 を読んで

「心を動かすデザインの秘密」

を読みました。

認知心理学からみたデザインの話で

人は何に魅かれるのかという解説。

専門用語が多かったです。

何かデザインの答え的なものが

のってるわけではありませんでした。

モノにはいろんな角度の魅力が存在するんだと思いました。




何が魅力になるのか。

ユーザビリティーだけじゃない

一見意味の無い商品でも、何らかをユーザに提供することが出来れば、売れる。高級感、おしゃれ感、贅沢感、リラックス、気分が上がる、笑える など


用語集

デザイン:工夫、計画
示差性:他と違う
ナラティブ:ストーリー
アイデンティティ:自分らしい
アフォーダンス:記憶や推論の助け無しに、環境により知覚を引き起こす
シグニフィア:過去の経験から、適切な行動への知覚できること
スキーマ:ある対象について人間が持つまとまった知識
スクリプト:スキーマの中で時間的な順序がはっきりしておるもの
メンタルモデル:これはこうという様な固定概念みたいなもの
ユーザビリティー:使いやすさ、わかりやすさ
コモディティ:無駄を省いて出来るだけ安くする
ユーザエクスペリエンス:経験価値
デザイン・ディスコース:対話がうまくいっている


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 を読んで

ネットショップをやる自分にも参考になることがあるかな

と思い購入しました。

デザインを使ったビジネスのアイデアとして、とても刺激を受けました。

効率は良くないけど、新しい売り方ですね。

丁寧につくり、丁寧に売り、丁寧に買い、丁寧に使う。

私も長く使える良いものをつくらねば。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

スポーツ心理の法則を読んで

以前、テレビ東京の「FOOT×BRAIN」

でメンタルの回があって

自分もメンタル弱いんで

何かの足しになればと思い

ゲストだった高畑さんの本を買ってみました。

自分は、プレゼンの時に緊張する方で、

普段から緊張しがちです。

そんな私に効きそうだと思ったことがいくつかありました。

①リラックス法
  血の廻ってないところのマッサージ
  マイナスイメージを呼吸(酸欠状態)で排除

②気持ちの切り換え(ミスしたイメージを成功イメージに置き換える)

です。

などです。

その他のことも結構ためになります。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

X-design 未来をプロトタイピングするために を読んで

ちょっと私には難しすぎました。

山中さんと酒井さんが書いてるから読みたいと

思ったんですが、

全然頭に入ってこなかったです。

慶応の宣伝的な本なのかなって感じです。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

もうだまされない 身近な科学 50のウソ を読んで

ほんまでっかTVでもおなじみの武田先生の本です。

エコについて考えているときに

考えがこんがらがってしまい

「本当のエコって何だろう」と思い

買ってみました。

私の考えた結論は

「材料を有効に使う」

「ひとつ材料に依存しすぎない」

「消費を減らす」

です。

ビニール袋や割り箸はむしろ使った方がいいと。

ゴミの分別は、性能の良くない焼却炉を傷めないため

高性能焼却炉があればゴミはほぼ完全に焼却できる。

ゴミをを減らせば、二酸化炭素は減らせます。

でも地球温暖化と二酸化炭素は現在の科学では関係ないとのこと。

石油はあと8000年もつ。

石油は古代生物の死骸だとか。

リサイクル商品は新品より製造エネルギーを使う。

エコ発言には、政治が絡んでる。

木は二酸化炭素を吸うけれども、朽ちるとプラマイ0



かなりカルチャーショックなことがいっぱい書いてありました。

最初に読んだ時は、これは本当なの?って疑いました。


自動車に乗ってたら、エコは語れないんだなと思いました。


本当のエコロジ―な行為を実例で考えてみました。

●紙、プラスチックなどのリサイクル材料を使った製品・・・・×

●バナナなどの皮を使った紙・・・・○

●ポリエステル製品・・・・×

●綿製品・・・・○

●太陽光発電・・・・△(住宅の屋根は○)

●地熱利用・・・・×

●生分解性プラスチック・・・・×

●省エネ家電・・・・○


結局は、モノのリサイクルはできないと考えて、大切に使うということです。

動物同様、植物や資源にも命があると思って、余すことなく使い、感謝する。

エコっていうかモラルですね。


石油で味わったプレ的な燃料が無くなることから、

ひとつの材料に依存しちゃいけないってことを学んだ気がします。


地球にとってエコロジーなことをいつの間にか、

勘違いして、変なん方向にいろいろ

進んでいってしまった感じですね。



地球にやさしいことって何なんでしょう。

地球に変化を与えないこと?

地球を何十億年のずっと持続させること?



なにがいいことで、何が悪いことか

それは科学的にもわかってない。

よって対策も立てられないのが

現状ってことでしょうか。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

デザイナーに関わる知的財産についてのまとめ

①意匠権:工業上利用できる意匠、新規性、創造非容易性、洗願主義
②商標:商品やサービスに用いる記号、マーク、キャラクター、サービス
③特許:自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のモノ
④実用新案:自然法則を利用した技術的思想の創作(高度でないモノ)
⑤著作権:思想感情を創作的に表現したもの(芸術関連)

ということで商品デザインについては、意匠権が対応する範囲です。

模倣から守るためには、意匠権を上手に使わないといけません。


しかし、自分のデザインしたものが意匠権の
・工業上利用できる意匠
・新規性
・創造非容易性
・洗願主義

全てに当てはまっていなければなりません。

「工業上利用できる意匠」はOKでも、新規性、創造非容易性に当てはまるかは難しいところです。また、洗願主義についても過去の登録商品をチェックするのも大変そうです。

登録費用は、自分で行う場合は
申請料       16,000円
電子化手数料     1.900円
1年間の意匠登録料  8,500円

らしいです。

機会があればやってみたいです。



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

ザハ・ハディド

すごい建築家ですね。

日本の国立競技場のコンペを勝ち取った人です。

独特の建築フォルムは、インパクト大です。

3DCADがあってこそのデザインだと思います。


生い立ちで驚いたのが、ザハが設計事務所を構えてから、

十数年間一棟も設計したものが建たなかったらしいです。

経営的にはどうやって、回していたのでしょう。疑問です。

でも最近では、ザハのデザインに建設技術が追い付き始めているようです

これから、どんどん活躍するであろう建築家ですね。(もうプリツカー賞とってるけど)



先日、東京オペラシティでザハ展がやっていて、見学してきました。

いくつかの形状モデルが飾ってあったのですが、

いいモノもあるし、見た目の悪い形状もありました。

ザハの頭の中を覗けた気がして、面白かったです。



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

小規模ものづくり(私の学んだ事)

①商品アイデアをブレインストーミング

②出たアイデアの中で下記条件を満たすものをリスト化
↓・市場規模が大きくないもの
↓・ターゲットが絞られるもの
↓・大手がマジにならないもの
↓・小ロットで製作できるもの(なるべく金型無しで製作できる)

③デザイン案の作成

④量産に向け製造コストを確認し、商売として成り立つか検討
⑤試作をつくり、デザイン案をブラッシュアップ

⑥製造所を選定し、量産
⑦できれば意匠登録

⑧プロモーション企画の立案
↓・マスコミ等にプレスリリースの発信
↓・SNSを利用した情報発信
↓・プレゼント企画
↓・WEB小売店への営業
↓・インターネット広告の活用

⑨販売開始、プロモーション開始


小規模ものづくりにおいては、市場規模が大切だと思います。

資本にあったマーケット選びをしないと、

せっかくつくったマーケットを

大手にのっとられてしまいますからね。

色んな本を読みましたが、

このへんがきもになるのではないでしょうか。



建築設計についても、今までは市場が小さいと悲観的に捉えてきました。

あまり稼げない業種で、大手では外注が多く、

自分のところではやらないみたいですが、

中小にとってはちょうどいい市場なのかなと思いました。



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

江戸の暮らしに学ぶ

現代の電気のある暮らしは、行き過ぎな気がします。

環境問題が発生していることで、そのことは容易に想像できます。


そこで私が思ったのは、電気等が生まれる前の最終形である

「江戸時代」の生活を取り入れつつ、

必要最小限電気等を使う生活がベストな暮らしなのではないか。と

そこでいくつかの江戸時代の暮らしについての本を読んでおもった事は、

「丁寧に暮らしている」という事です。

今の時代は、便利すぎです。

何でも時短や楽するための道具がもてはやされる時代です。

しかし、それは、生活を全然楽しんでない事になると思います。

時間をかけて、丁寧に暮らし楽しむことが、生活の豊かさにつながると考えました。

以前からお金や物を所有する事が豊かなことなのかと疑問をもっていましたが、

最近やっと、「豊かな暮らし」というテーマから一歩掘り下げる事ができた気がします。

自分のデザインテーマに「丁寧に暮らす」を入れたいと思います。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

誰にも未来は想像出来ない。

10年後の未来の全てを創造できる人はいないでしょう。


マーガレット・サッチャーやビルゲイツでも、未来は予想もつかないほどです。

サッチャー:「私が生きている間に女性が首相になることなんてあり得ない」

ビルゲイツ:「メモリが640KBもあれば普通の人には十分だ」

(PHP文庫 フェラーリと鉄瓶 奥山清行 より)

とかいっていたようです。



わたしもなるべく、未来のことを想像しながら、アイデアをだしています。

「こうなっていくだろう」
「こういう考えが主流になっていくだろう」

とか、考えます。


色んな考えがあっても、だんだん正しい考えが主流になって、

淘汰されていくものだと思っています。

しかし、自分の知らない技術で革命的な事がおこると、

想像した未来を大幅に修正しなければなりません。

なるべく、大革命が起きないように、アンテナをはりめぐらせています。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

デザインファーム IDEO

世界中でイノベーションを起こしている会社で、

プロダクトデザイナーの深澤直人さんもIDEOの出身だそうです。

IDEOについては、私も非常に興味があり、いくつか本を拝読しました。

理屈っぽいところと感覚的な部分を併せ持つというイメージです。

私の特に感心したところは、

行動に着眼している事です。

例でいうと

×:自転車用カップホルダー

○:自転車に乗る人が、こぼしたり火傷せずにコーヒーを飲めるようにする方法


このような考え方をすることで、誰も見たことの無い様なものを生み出せるんだと思いました。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

自動車にFAX

1980年代中盤にはクルマの中にはFAXがなければならないと言われていたそうです。

結局、経営判断がかわり、FAXのスペースにはエアバッグが入ったそうです。

エアバッグの急速な普及はFAXのためのスペースが確保されていたからだそうです。

(PHP文庫 フェラーリと鉄瓶 奥山清行 より)



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

アイデアの発想

発想法についていくつか本を拝読しましたが、

ここでは自分のメモ的な位置づけで整理していきたいと思います。

理解・観察 → 視覚化・評価・視覚化・・・・ → 実現
           (繰返す)

◆◆◆理解・観察で大切な事◆◆◆

●発想の視点・方法
①比べる:矛盾、変化、例外
②はかる:測る、量る、計る
③JAH法:軸値巾、普遍的事実、
④ずらし
⑤ペルソナ法:利用者モデル・シナリオをつくり、それに合った商品やサービスを考える
⑥エクスぺリエンスデザイン:体験をデザインする
⑦KJ法:情報を書き出し、似ている情報をグルーピング(情報の圧縮)
⑧ブレインストーミング:否定は後回しで、質より量で勝負

●アイデアの強化
①省略
②機能を絞る
③他分野のアイデアの取り入れ
④生物の機能の取り入れ
⑤昔の技術の取り入れ
⑥弱みを逆手に取る
⑦順番を入れ替える
⑧商品の進化パターンの利用


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

部下が上司の言うことをきかない

イタリアでは「部下が上司の言うことをきく」という

日本では当たり前のことが成立しないようです。


部下に対して、「自分は君より有能だ」ということを示さなくては、

指示に従わないようです。

だから、知識をひけらかしたり、

能力を見せ付ける事も、

必要なことだそうです。

(PHP文庫 フェラーリと鉄瓶 奥山清行 より)



私の価値観としては、ピンチの時にすっと表れて問題を解決してしまう、

そんな上司の背中をみてリスペクトするって感じだと思います。

ひけらかしたりするのは日本人の美徳に反すると思いますが、

海外でやっていくには必要な能力のようです。勉強になります。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

写真基礎

■露出
露出とは撮像素子に光を当てること。(写真の明るさを左右する)
露出は絞り値(F値)とシャッタースピードによってきまる。
シャッタースピードは遅いほど写真は明るくなる。(ぶれは大きくなる)
絞り値は小さいほど写真は明るくなる。

■絞り値(F値)
絞り値とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのこと。
絞り値を変えると、絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わります。
絞り値は小さいほど写真は明るくなる。
絞り値を小さくするほどピントの合って見える範囲は狭くなる。

■ISO感度
ISO100からISO200 →シャッタースピードが速くなる
暗いシーンでISO感度を上げるとよい(シャッタースピードが速くなり、写真も明るくなる)
ISO感度を上げるほどノイズが増え、ざらつきが目立ってきます。(800が限度)

焦点距離と画角
レンズの焦点距離とは、ピントを合わせたときの、レンズから撮像素子までの距離です。
焦点距離は一般的に28mmや50mm、100mmなどといった数値で表されます。ズームレンズの場合は、18-55mmというように焦点距離の両端の数字で表します。
撮影画角とは、撮像素子に写る範囲を角度で表したものです。
画角が広いと写る範囲が広くなり、画角が狭いと写る範囲が狭くなります。
焦点距離が変わると撮影画角が変わります。
焦点距離の短いレンズほど画角が広くなり、写る範囲が広がります。
焦点距離の長いレンズほど画角が狭くなり、被写体が大きくなります。

■焦点距離の長い望遠レンズ(画角が狭い)
■焦点距離の短い広角レンズ(画角が広い)

アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

ものリスト

玄関
・靴べら、傘立て、ドアストッパー、傘キャップ
・ルームシューズ、玄関マット、ブーツキーパー
・スリッパ、靴履き椅子、スリッパ立て、靴修具
・シューズストレッチャー、キーフック、脱臭剤

トイレ
・サニタリーゴミ箱、タオルホルダー、芳香剤
・トイレットペーパーホルダー、消臭剤
・トイレマット、便座シート、スリッパ
・トイレ掃除道具、たわし、すっぽん
・携帯ウォシュレット、おしりふきティッシュ

風呂
・シャンプー容器、石鹸置き、バスタオル
・泡立てスポンジ、風呂洗いスポンジ、風呂ふた
・鏡、入浴剤、洗剤、湯かきまし、桶、マット
・足ふきマット、シャワーヘッド、アカスリ
・シャワーカーテン、腰掛け椅子、ヘッドマッサージ
・スリッパ、防水TV、カミソリ立て、
・髪の毛とりシート

洗面台
・ドライヤー、歯ブラシ、うがいコップ、歯ブラシ立て
・洗濯機、乾燥機、洗濯カゴ、ランドリーラック
・ハンドソープ、鏡、洗剤、タオル掛け、ヘアアイロン
・メガネ置き

リビング
・ゴミ箱、ティッシュホルダー、コート掛け
・室内テント、照明カバー、灰皿、座椅子
・カーテン、ジュータン、照明、椅子、テーブル、ソファ
・テレビ台、スピーカー、テレビ、間接照明
・サイドテーブル、新聞ストッカー、圧縮袋
・貯金箱、クッション、ゲーム機、BRレコーダー
・座布団、リモコン、ゲームソフト、BRディスク
デスク
・鉛筆キャップ、鉛筆削り、消しゴム、蛍光ペン
・定規、しおり、ゴム印、ノート、ボールペン
・ブックエンド、ペンスタンド、シャーペン
・鉛筆、色鉛筆、絵具、パレット、絵具筆
・筆、文鎮、硯、はんし、画鋲、マグネット
・ルーズリーフ、クリップ、ふせん
・デスク、チェア、スツール、デスクライト
・本棚、プリンター台、用紙ボックス、ペン立て
・名刺ケース、ステプラー、延長コード
・カッター、電卓、ファイル、クリアケース
・バインダー、キーボード用ほうき、マウスパッド
・はがき、封筒、送り状、契約書、発注書
・納品書、受注書、請求書
・デスク、チェア、A4収納、お道具箱
・サイドワゴン、パーティション、シュレッタ―
・電子辞書、のり、穴開けパンチ、ドライバー
・テープ、インデックス、原稿用紙、方眼紙
・カーボン紙、便せん、スケッチノート
・指サック、メジャー、修正ペン、修正テープ
・下敷き、三角スケール、グリップゴム

寝室
・アイマスク、目ざまし時計、化粧台、スツール
・ベッド、ソファ…