3Dプリンターを活用したデザインビジネスモデルを考える

3Dプリンターについて

これまでは試作をするためにしか使っていませんでした。

しかし、3万円台のプリンターまで出てきて、

いよいよ、本で掲載されているようなマイクロモノづくり

的なことができる時代が始まりました。


そこで、自分なりに3Dプリンターを活用したデザインビジネスモデルを

考えてみました。

3Dプリンターでの造形は結構高価なため、

基本的には金属アクセサリーが基本となるのではと思います。

ABSで8000円とかでは買う気がしないと思います。

金属アクセサリーなら数万円しても、デザインが良ければ、

買ってくれる人がいるような気がします。


それ以外では、

出力物を型材として使用し、

ロウや粘土などのユザワヤや東急ハンズで販売させれいる材料を成形し、

それを商品として販売する方法です。



どんな材料があるか調べてはいませせんが、

材料に粘土を使用した小さい植木鉢のデザインとかは、

自分でもやってみたいと思います。


一般の人の描いたラフスケッチの3Dデータ化する事業も

今後増えてくるのかなと思います。


鉛筆キャップとか面白いかな。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス

肩から首、後頭部にかけてピーンと痛みがはしる