小規模ものづくり(私の学んだ事)

①商品アイデアをブレインストーミング

②出たアイデアの中で下記条件を満たすものをリスト化
↓・市場規模が大きくないもの
↓・ターゲットが絞られるもの
↓・大手がマジにならないもの
↓・小ロットで製作できるもの(なるべく金型無しで製作できる)

③デザイン案の作成

④量産に向け製造コストを確認し、商売として成り立つか検討
⑤試作をつくり、デザイン案をブラッシュアップ

⑥製造所を選定し、量産
⑦できれば意匠登録

⑧プロモーション企画の立案
↓・マスコミ等にプレスリリースの発信
↓・SNSを利用した情報発信
↓・プレゼント企画
↓・WEB小売店への営業
↓・インターネット広告の活用

⑨販売開始、プロモーション開始


小規模ものづくりにおいては、市場規模が大切だと思います。

資本にあったマーケット選びをしないと、

せっかくつくったマーケットを

大手にのっとられてしまいますからね。

色んな本を読みましたが、

このへんがきもになるのではないでしょうか。



建築設計についても、今までは市場が小さいと悲観的に捉えてきました。

あまり稼げない業種で、大手では外注が多く、

自分のところではやらないみたいですが、

中小にとってはちょうどいい市場なのかなと思いました。



アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス

肩から首、後頭部にかけてピーンと痛みがはしる